明治通宝の買取価格は?

2018年9月26日

明治通宝の価値と買取相場 (2018年度版)

明治通宝の最新の買取相場早見表を作りました。

2018年度-明治通宝の価値と買取相場

明治通宝100円 データ無し
明治通宝50円 データ無し
明治通宝10円 150000円~1100000円
明治通宝5円 250000円~1400000円
明治通宝2円 40000円~300000円
明治通宝1円 6000円~100000円
明治通宝半円 12000円~100000円
明治通宝20銭 4000円~60000円
明治通宝10銭 2000円~35000円

>>その他の古紙幣の価値が知りたい方はコチラ

明治通宝とは

明治通宝
明治通宝は、100円、50円、10円、5円、2円、1円、半円、20銭、10銭の計9種類存在します。

幕末期(1868年ごろ)、薩摩藩や長州藩が中心となって明治新政府が発足されました。

政府が行った取り組みのひとつで、従来の貨幣制度の改革と廃藩置県による実利をねらい、新紙幣の発行に着手しました。

当時優れた印刷技術を持っていたドイツの商社に1億5000万枚の紙幣を発注したのです。
輸入後、お札に出納頭の割り印、記録頭、押印、そして表面には明治通宝の文字を入れて流通させました。

日本貨幣カタログによると、並品の明治通宝10銭であってもその価値は4000円、明治通宝5円の未使用品ならなんと140万円の価値があるとされています。

ちなみに、直近の買取相場は明治通宝2円(並品)であればヤフオクで40000円ほどで取引されているのを確認しました。

プレミアのつく明治通宝

他の紙幣と同様にぞろ目の番号をもったものやミスプリントなどが挙げられます。
その中でも「極美品」や「連番・ぞろ目」があればさらに価値が上がるでしょう。

まとめ

取引が活発で、かつそれなりに高い価値を持っている明治通宝。

明治時代初期に発行され、廃止されたのが明治32年末ですので廃止されてから現在まで約120年です。120年程度であれば、地主の方の家の倉庫などに眠っている可能性が充分考えられますね。

もしもあなたがこれらの紙幣を持っている場合、正しく保管できているかどうかをまず確認しましょう。

和紙に包んだり、ジップロックに入れておくとある程度劣化を防ぐ効果があります。

当然ながら、どれだけ厳重に保管したとしても今より状態が良くなることはありませんので、すぐさま査定依頼に出して正しい価値を確認しておくことを強くオススメします。

買取査定にだされるのであれば近所の古銭買取店に持ち込むのもありですが、特にこだわりがないのであればインターネットに力を入れている買取店に査定依頼をするのが良いでしょう。

当サイトで1位として紹介しているバイセルさんは、フォームによる問い合わせかまたは電話での問い合わせに対応しており、手数料・キャンセル料が無料なのに最短30分で自宅まで査定に来てくれるお店。そしてなんとその場で現金買取してくれるので、お財布がピンチの時にも助かりそうです。

この紙幣以外にも、ご自宅でめずらしい古銭やお札を発見された場合はぜひぜひ鑑定を依頼してみてください。

以上、明治通宝の買取価格は? でした!