旧5000円札の価値や買取価格は?高く売るコツ

2018年9月19日

旧5000円札の価値と買取相場 (2018年度版)

旧5000円札の最新の買取相場早見表を作りました。
※この金額は基本的に『未使用品』『ピン札』で調べています

2018年度-旧5000円札の価値と買取相場

聖徳太子5000円札 5500円~7000円
聖徳太子5000円札(アルファベット1桁) 6000円~8000円
聖徳太子5000円札(ぞろ目、連番など) 6000円~
新渡戸稲造5000円札 5000円~7000円
新渡戸稲造5000円札(アルファベット1桁) 6000円~
新渡戸稲造5000円札(ぞろ目、連番など) 5000円~50000円
樋口一葉5000円札 5000円
樋口一葉5000円札(アルファベット1桁) 6000円~20000円
樋口一葉5000円札(ぞろ目、連番など) 6500円~20000円

>>その他の古紙幣の価値が知りたい方はコチラ

旧5000円札とは

日本銀行券5000円 (聖徳太子)
現在では2000円札に次いで使う機会が少なめな5000円札。お札ではおなじみ聖徳太子のC号券、武士道の著者で東京女子大学初代学長の新渡戸稲造のD号券、中学校の国語の教科書で必ず出てくる「たけくらべ」で著名な樋口一葉のE号券(女性の肖像が描かれたのは神功皇后依頼123年ぶりの快挙!)の3種類が存在します。

1000円札、10000円札に比べ製造枚数が控えめのため、価値が高くなるかと思いきや…少ないといっても数十億枚以上発行されているので大体のパターンで額面通りです。

それでも、製造番号が連番やぞろ目、アルファベットが一桁であれば高い価値がつくことがあります。

プレミアのつく5000円札

他紙幣と同様、番号がぞろ目や、123456などの階段状になっていたり000001だったりするとプレミア紙幣として取引されます。製造枚数が控えめだけあって、このプレミア紙幣がヒットすれば高額になることもある模様。

お財布に入る機会はなかなかに少な目ですが、それだけに目を引く紙幣ではありますので逐一ナンバーをチェックしておきましょう!

まとめ

今回は、5000円札の価値について触れてみましたがいかがでしたでしょうか?
10000円と同様に3種類しか存在しない上に、他の種類の紙幣よりも製造枚数が少ないのでさぞかし価値も高いのではと期待されたかもしれませんが、残念ながら現状はさほど高額で取引されることはありません。
でも待ってください。この記事を読んで

「たいした事ないのか…」

とガッカリして、机の引き出しにしまってしまう前に一度、買取店の無料査定に出してみてください!
素人目ではわかりにくいポイントもプロは見逃しません。

あなたが持っている紙幣はもしかしたら、とてつもないプレミア紙幣かもしれませんよ?

以上、『旧5000円札の価値や買取価格は?高く売るコツ』でした!