【高価買取】改造兌換銀行券を高く売る方法

2018年9月26日

日本銀行兌換銀行券の価値と買取相場 (2018年度版)

改造兌換銀行券の最新の買取相場早見表を作りました。

2018年度-日本銀行兌換銀行券の価値と買取相場

改造兌換銀行券1円(漢数字1円) 並品 12000円
改造兌換銀行券1円(漢数字1円) 美品 25000円
改造兌換銀行券1円(漢数字1円) 極美品 50000円
改造兌換銀行券1円(漢数字1円) 未使用 100000円
改造兌換銀行券1円(漢数字1円) 完全未使用 130000円
改造兌換銀行券5円(分銅5円) 並品 400000円
改造兌換銀行券5円(分銅5円) 美品 600000円
改造兌換銀行券5円(分銅5円) 極美品 1000000円
改造兌換銀行券5円(分銅5円) 未使用 2000000円
改造兌換銀行券10円(表猪10円) 並品 700000円
改造兌換銀行券10円(表猪10円) 美品 1000000円
改造兌換銀行券10円(表猪10円) 極美品 1500000円
改造兌換銀行券10円(表猪10円) 未使用 3000000円

>>その他の古紙幣の価値が知りたい方はコチラ

改造兌換銀行券とは

改造兌換銀行券
改造兌換銀行券は、1円、5円、10円、100円の4種類存在します。

改造兌換銀行券1円
明治22年(1889)5月1日に発行された、図案が武内宿禰の改造兌換銀行券1円です。大きさは縦85mm、横145mmで記号が漢数字となっていることから漢数字1円と呼ばれています。並品でも買取相場は1万円を超えます。
改造兌換銀行券5円
明治21年(1888)12月3日に発行された、図案が菅原道真と分銅の改造兌換銀行券5円です。昭和14年(1939)3月31日に廃止されました。大きさは縦95mm、横159mmで図案に分銅が描かれていることから分銅5円と呼ばれています。並品でも買取相場は40万円、未使用品なら200万円ほどです。
改造兌換銀行券10円
明治23年(1890)9月12日に発行された、図案が和気清麿と八頭の猪となっている改造兌換銀行券5円です。昭和14年(1939)3月31日に廃止されました。大きさは縦100mm、横169mmで表の図案に猪が描かれていることから表猪10円と呼ばれています。並品の買取相場は70万円、未使用品ならなんと300万円。
改造兌換銀行券100円
明治24年(1891)11月15日に発行された、図案が藤原鎌足の改造兌換銀行券100円です。こちらも同じく昭和14年(1939)3月31日に廃止されました。大きさは縦130mm、横210mmとかなり大きめのお札です。市場に出回った例がほとんどないため、仮に発見されれば1000万円を超える値打ちがあると言われています。

プレミアのつく改造兌換銀行券

存在自体がプレミアみたいなお札ではありますが、他の紙幣と同様にぞろ目の番号をもったものやミスプリントなどが挙げられます。
その中でも「極美品」や「連番・ぞろ目」があればさらに価値が上がるでしょう。もちろん、あればの話ですが…。

まとめ

価値が一番低い1円札の並品であっても1万円を超えた買取相場となっているこの改造兌換銀行券。これだけ高い価値があるということことは、前述したとおり存在自体が希少である証左ですね。
ですが、こういったものも世に出回っていないだけで蔵の奥やタンスの奥で眠っている可能性も充分にあり得ます。もしもあなたがこれらの紙幣を持っている場合は、正しい価値を知っておくためにもすぐに買取査定に出すオススメします。お札は劣化が早く、保存状態がよくないとぐんぐん価値が下がってしまいますので、売らずに保管しておく場合でも和紙に包んだりジップロックに入れて劣化を防ぐ工夫をしておきましょう。

さて、買取査定にだされるのであれば近所の古銭買取店に持ち込むのもありですが、特にこだわりがないのであればインターネットに力を入れている買取店に査定依頼をするのが良いでしょう。

当サイトで1位として紹介しているバイセルさんは、フォームによる問い合わせかまたは電話一本で対応してくれる上に、手数料も無料!最短30分で駆けつけてくれるというすごい買取店さんです。さらに即金買取のおまけつき。もし納得がいかない査定額であってもキャンセル料などは一切かからないので気軽に査定依頼できるのが嬉しいポイントです。

この紙幣以外にも、ご自宅でめずらしい古銭やお札を発見された場合はぜひぜひ鑑定を依頼してみてください。

以上、【高価買取】改造兌換銀行券を高く売る方法、でした!