板垣退助100円札を高価買取してもらうには

2018年9月19日

板垣退助100円札(旧100円札)の価値と買取相場 (2018年度版)

板垣退助100円札の最新の買取相場早見表を作りました。
※この金額は基本的に『未使用品』『ピン札』で調べています

2018年度-板垣退助100円札の価値と買取相場

初期 3000円~9000円
前期 300円~1000円
後期 90円~120円
エラープリント 例:10万~25万円
レアな通し番号 例:5万~10万円

>>その他の古紙幣の価値が知りたい方はコチラ

板垣退助100円札(旧100円札)とは

日本銀行券100円 (板垣退助)
自由民権運動で有名な板垣退助氏が肖像となった100円札。憲法の制定や議会の開設によって現代日本社会の礎を築いた日本史上でも大変有名な政治家です。
古いお札ですが実は持っている人が結構いるのです。これは通称『B号券』と呼ばれています。その板垣退助の100円札にも何種類かある事はご存知ですか?
製造時期によって大きく分けて『初期』『前期』『後期』の3つに分ける事ができ、それぞれ買取相場が違います。

高いのはもちろん最初に作られた初期の100円札で、状態が良ければ数千円。前期の100円札は価値が下がってしまい高くても1000円くらい、後期のものになると発行枚数が現存枚数から額面くらいかそれより少し高いくらいの価値となります。

気になる見分け方ですが、通し番号を見ればわかります。
初期の100円札 - 通し番号のアルファベットが1桁(例:M○○○○○○A)
前期の100円札 - 通し番号のアルファベットが2桁(例:NB○○○○○○A)
後期の100円札 - 通し番号のアルファベットが2桁で、紙質の白みが強いもの

後期は白色が強く、初期と前期は茶褐色でどちらかというと黄みを帯びている感じです。

プレミアのつく板垣退助100円札

板垣退助の100円札の種類について説明しましたが、実はそれ以外でも高く売れるものがあります。
それは『エラープリント』『レアな通し番号』の紙幣です。

エラープリントとは

印刷がずれていたり上下が逆になってプリントされているお札の事です。他にも、紙幣を裁断する時に失敗してしまって、通常より大きかったり余分な部分がついていたりするお札、通称:福耳なんかプレミアが付きます。

レアな通し番号とは

上記で通し番号で種類を見分けると書きましたが、その通し番号の中で珍しい数字やアルファベットの並びのお札はとんでもない金額で売れたりします。下記はその一例です。
連番 - B123456A
ぞろ目 - C555555H
最初期のAA券 - A○○○○○○A

その他のプレミア紙幣

他にも、何枚かある100円札の通し番号が連番で残っているものなんかも通常より高い相場で売れます。未開封の札束は通し番号が連番になっているので、買取価格にもかなり期待できますね。

まとめ

ここまでで板垣退助の100円札について簡単に説明しました。いかがでしたでしょうか?なんとなく、どれくらいの価値があるのか分ってもらえたのではないでしょうか。
もし『もっと詳しく知りたい!』とか『手持ちの100円札の価値を手っ取り早く知りたい!』という人がいたら、古銭買取店に査定を出すという方法があります。美品やミスプリントがあれば価値は大幅に高まることだって充分あり得ます。ただ、ご自身での見極めはなかなか難しいかと思いますので、鑑定のプロである買取専門店に一度みてもらうことをおすすめします。(当サイトで紹介している買取店では知名度が高く親切に対応してくれる優良店のみを厳選しています!)
買取店のWEBサイトに言って査定フォームに入力するだけで、誰でも簡単に価値を調べる事ができます。
パソコンになれてない人でも2~3分くらいで調べられますし、何より無料で買取金額を教えてくれるので本当におすすめです。
もし買い取り額に納得がいかなければキャンセルする事もできます。キャンセル料なども一切かからないので、とりあえず査定に出してみるといいかもしれませんね。

以上、板垣退助100円札を高価買取してもらうには、でした!