和同開珎の買取価格をご紹介!

和同開珎とは

和同開珎
和同開珎は皇朝十二銭と呼ばれる、寛永通宝以前に日本で作られていた古銭のうちの一つです。
発行は708年で、元々は日本最古の古銭として長らく歴史の教科書で紹介されてきました。

しかし近年、「無文銀銭」や「富本銭」といった更に古くに作られたであろう古銭が見つかっていることから、日本最古とは呼べなくなっています。ただ、「無文銀銭」や「富本銭」の出土が少ない事から、貨幣として流通していた最古のものはこの和同開珎と言われています。

和同開珎は『古和同開珎』と『新和同開珎』の二つに分かれます。通常、和同開珎というと『新和同開珎』の事を指しますが、希少価値が高い方は『古和同開珎』となっています。

鋳造から1000年以上経っていることから、保存状態に極端な差がありその価値は様々ですが、高ければ100万円を超える事もざらにある非常に貴重な古銭です。

和同開珎の買取価格の一例

先ほども触れましたが、非常に古くに作られた古銭ということで、その保管状態によって価格は大きく変わります。高ければ100万円以上、安くても10万円前後は期待できるでしょう。

種類・名称 相場
古和同開珎-大字古和同-大字 240万円
古和同開珎-大字古和同-大字 140万円
古和同開珎-笹手古和同-笹手 100万円
和同開珎-四跋四跳 95万円
たこ神アイコン
たこ神

1枚で数千円というのは古銭としてはなかなかの値打ちものじゃぞよ。

和同開珎を買取に出すには

ほぼ最古の古銭である和同開珎は、歴史的価値もとても高く、買い取りに出せばかなりの高額が期待できます!
ただ、その際に一つだけ注意してもらいたいことがあります。それはどこの買取店へ依頼するかです。

歴史的価値の高い古銭なので、小さな古銭買取店やネットオークションなどは利用しないで下さい。そういったお店は古銭をきちんと鑑定できる人がいないので、高い価値がある和同開珎でも買いたたかれてしまう可能性があります。

そういった点から、和同開珎を売る場合には、大手の古銭買取店に依頼する事をおすすめします。
当サイトでおすすめしている古銭買取業者は”バイセル”です。

バイセルは古銭買取店の中でも最大手のうちの一社。
古銭の買取実績は業界でもトップクラスで、たとえ和同開珎であってもきちんと鑑定できる人材がいます!

出張買取満足度No.1にも選ばれていて、「古銭を売るならまずはバイセルに査定してもらってから!」という人もいるくらいの、本当におすすめできる古銭買取店です。

和同開珎を売ろうとお考えなら、ぜひ一度バイセルに査定依頼して価値を確かめてはいかがでしょうか。

バイセルで査定依頼をする