祥符通宝の買取価格は?天下手祥符は高額の可能性が!

祥符通宝とは

祥符通宝
祥符通宝は中国の宋時代に作られていた宋銭で、いわゆる渡来銭と呼ばれる古銭です。
表面には上右下左の順で『祥符通寳』と刻まれています。

宋から輸入したもののほか、日本でも中国の祥符通宝を模した鐚銭(びたぜに)が九州地方などで作られていました。

渡来銭の方は基本的に価値は低く、数百円程度の価値しかありません。
一方で日本で作られていた『天下手祥符』よばれる古銭なら、数千円~数万円の価格が付く事があります。

また、祥符通宝に似た宋銭で祥符”元”宝というものがありますが、こちらも同程度の価値となっています。

高額で売れる祥符通宝の一例

天下手祥符であれば状態次第では数千円~数万円で売れる事もあります。

種類・名称 相場
祥符通宝-天下手祥符天下手祥符 15000円
たこ神アイコン
たこ神

天下手には文字の他に記号がついているのが特徴じゃ。

祥符通宝を買取に出すには

祥符通宝の多くはそれほど価値があるものではありません。
でも、だからと言って捨てたり処分しようと思ってはいませんか?

価値が低いとはいえ、日本で作られたものなら1枚で数千円~数万円になる可能性はあります。捨てようと思っていたものが数千円の値段で売れたとしたら、ちょっぴり得した気持ちになれますよね。

「でも古くて汚れているし、こんなの本当に売れるのかな…。」
もしそう思っている人がいたらご安心を。古銭は古くて汚れているのが当たり前ですし、ボロボロでもきちんと価値を付けてくれるお店があるんです!

それは当サイトでも1番のおすすめ買取店である”バイセル”です。
バイセルなら、査定にかかる手数料や査定料は一切かかりません。さらに、無料で出張査定にきてくれるというサービスがあります。
古銭を売ろうと思っている人にはかなりありがたいサービスになっています。

また、バイセルは古銭の出張買取満足度No.1にも選ばれている、大手の買取業者です。他店より買取金額が1円でも安ければ全品返却という謳い文句なので、安心して査定をお願いすることができるのです。

祥符通宝を売りたい人は、まずはバイセルの無料査定を利用してみる事をおすすめします!

バイセルで査定依頼をする