洪武通宝の買取価格は?山武・十福などはかなり高額に

洪武通宝とは

洪武通宝
洪武通宝とは、寛永通宝が出来るまでの間に使われていた「渡来銭」や「鐚銭(びたぜに)」と呼ばれる古銭になります。表面には『洪武通寳』という文字が上下右左の順で一文字ずつ刻まれています。
元々は中国の明の時代に作られていた古銭で、それをそのまま利用したり、写したり文字の一部を加工などして模造していました。

天正期や元禄期には、裏面に「加・治・木」といった文字が刻まれた洪武通宝があり、加治木銭とも呼ばれます。

基本的には数百円くらいの価値にしかなりませんが、中には数万~十数万円もの値がつく特徴的な洪武通宝も存在します。

高額で売れる洪武通宝の一例

武の文字の「止」が「山」に見える『山武』や、「土」に見える『土洪武』などは1万円以上の値が付く可能性があります。また、裏面に刻まれている文字も色々あり、場合によっては5万~10万円で売れる事も。

種類・名称 相場
洪武通宝-背京背京 14万円
洪武通宝-背十福背十福 50,000円
洪武通宝-背鄂背鄂 81,000円
no-img2
たこ神

中国で作られた洪武通宝は高額になりやすいのじゃ

洪武通宝を買取に出すには

前述のとおり、洪武通宝には山武や土洪武などの高い値が付くものもあるので、きちんと鑑定できるお店を選ばないと損をしてしまう事もありえます。
そういった点から、洪武通宝を買取に出す場合は、専門の鑑定士に見てもらう事をオススメします!

当サイトでおすすめしているのは、顧客満足度No.1にも選ばれているバイセル。
バイセルは『他店より買取金額が1円でも安ければ全品返却』という、お客様の事を第一に考えたサービスを行っています。
ここなら洪武通宝を満足する価格で買取してくれること間違いなしです。

また、査定自体には費用が一切かからないので、依頼する側にはデメリットが一切ありません。

洪武通宝を売ろうと考えているなら、まずはバイセルの無料査定を受ける事をオススメします!

バイセルで査定依頼をする