沖縄国際海洋博覧会記念硬貨の買取価格や売るタイミングは?

2018年9月18日

過去3年間のオークションデータを元にした、
沖縄国際海洋博覧会記念硬貨の参考買取価格を表にまとめました。
オークションでの入札価格なので、実際の買取金額とはちょっと差があるかもしれませんが、
3年分のデータを集めたので参考になると思います!
※この金額は基本的に傷や汚れのない『未使用品』で調べています

沖縄国際海洋博覧会記念硬貨の参考買取価格 (2018年度版)

※この金額は基本的に傷や汚れのない『未使用品』で調べています

2018年 データ無し
2017年 10円~100円
2016年 100円~215円

>>その他の記念硬貨の価値が知りたい方はコチラ

沖縄国際海洋博覧会記念硬貨とは

沖縄国際海洋博覧会記念硬貨
1975年、沖縄国際海洋博覧会(海洋博)の開催にちなんで発行された記念硬貨です。総発行枚数が1億2000万枚と、日本で発行された記念硬貨の中では1番発行枚数が多いです。一般的な白銅貨で、直径:22.6mm/量目:約4.8g/品位:銅720、ニッケル250となっています。表面が守礼門と波、裏面には「EXPO75」という表記と共に2頭のイルカが可愛らしく描かれていて、思わず手元に置いておきたくなるような魅力のあるコインです。

さて、肝心の買取価格ですが、その大量の発行枚数がアダとなり大した価値はありません。だいたい額面通りか200~300円で取引されています。

沖縄国際海洋博覧会記念硬貨はお店で使えるの?

2017年現在、使用可能です。ただ、店員さんも記念硬貨が本物か偽物かの区別がつかず使用を断られることもあるようです。銀行に持っていくと硬貨に替えてもらえますが、プレミア要素などは一切考慮してもらえず額面通りの交換となります。買取に出せば額面以上で買い取って貰えることもありますので、銀行で交換してもらう前に買取店に査定に出しておきましょう。

まとめ

記念硬貨というと、価値が上がるかもしれないから買っておこうという方も多いかと思いますが、解説したように発行枚数が多い場合は額面に対して大きく価値が跳ね上がるということはありません。
沖縄国際海洋博覧会記念硬貨の価値を知って、がっかりされた方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、記念硬貨も額面通り日常で使用できるお金には変わりませんので、使用停止とならない限りは価値が額面を割ることは基本的にありません。
そのため、安心して集めることができるとも言えるでしょう。
たくさん集めるにしても、日々価値が上下しますから正しい価値を知るためにも記念硬貨買取店で無料査定をしておきましょう。
買取店のWEBサイトで買い取り査定フォームに入力するだけなので、2~3分あれば調べられます。もちろん、無料で買取金額を教えてくれるのでオススメです!(想像していたよりも高い金額が提示されたなら、買い取ってもらってもよいでしょう。比較的手に入りやすい硬貨なので、また欲しくなったらその時に買い戻すということもできますしね。)

以上、沖縄国際海洋博覧会記念硬貨の買取価格や売るタイミングは?、でした!